すごく久しぶりの更新ですが生きております。笑
わたなべりょうです。

いろいろあり考えておりますが、
良い家族写真ってなんでしょうか。
前々から言っておりますが私は「(特にビビっている・緊張している)子を無理やりカメラ目線に誘導し、笑わせる」のは
あまり良いと思っていません。

ただし、少し恥ずかしがってたり、本当は興味があるという場合は背中を押してあげるという意味で
盛り上げてあげるのはアリだと思っています。
ようは、良く撮れるような演出は少しだけするけど、
基本的には自然にする。くらいが良いかなと思います。
最近の作品で、例を挙げてみます。

0D4_3409
完全に何も言わないで食事をしてもらうと、こういうアングルでは撮れないので、座り位置や距離の
変更をお願いをしています。

0D4_3431
こちらも何も言わないで遊んでもらうと構図内に3人が収まらないので
絵本を読むなどしてみましょうか?と提案して撮っています。
そんな感じで進めて行く私の撮影であります。

0D4_3511
気分がほぐれてきたところでカメラ目線の写真も撮っておきます。
この日の光の当たり方を計算し、顔色が良く見える立ち位置を選び
「ここに立ってカメラ目線でいきましょうか。」という誘導で撮っています。

その辺のニュアンスは本当に微妙です。
何回やっても絶対の正解はなく、だからこそ写真の面白さなんですが。
空気と光を読みながら写真撮っています。
というわけで私の写真では、「絶対子供の笑顔の写真を撮りたい」という方は
ご遠慮いただきたいと思っています。
どちらかというと、「その子らしく、緊張したり泣いたりしてもそれも思い出」という
価値観の方のほうが、私と相性が良いかと思います。
カメラマン選びで写真って全く変わりますので、ご検討ください!